フリーランスエンジニアの夢!?在宅エンジニアになるには

会社勤めではなく、自由な働き方を求めフリーランスとして働きたい人が増えています。一方、憧れはあるけれども「技術者が個人事業主になるとどんな働き方になるのか分からない」「在宅プログラマーに転職するには何をすればいい」と不安に思う人も少なくないでしょう。

フリーランスは面倒な社内の人間関係を避けられる、作業の進め方が自由などのメリットがある反面、仕事内容の品質を自分で保つのは当然のこと、受注や納税関連などを全て自分で行うデメリットもあります。しかし、事前に在宅フリーランスエンジニアに関する知識をしっかりと学んでおけば不安を減らして行けるでしょう。

在宅エンジニアになって案件を手に入れるにはどうしたらいいか?

フリーランスエンジニアとして、在宅でお仕事をしたいと考えた場合、在宅案件を獲得する必要があるでしょう。どのようなアプローチで案件を探していけばよいでしょうか。これからフリーランスエンジニアとして働きたい方、すでに独立しており案件の探し方に困っている方もポイントを知ることで、効率的に在宅案件を得ることができるでしょう。

ホームページから受注する

フリーランスにとって、自分自身のホームページは営業ツールとして大いに活用します。名刺だけだと、情報を記載できる文量にも限界があり、自分のプロフィールや実績などをまとめた資料やホームページがある事は非常に重要です。ホームページで24時間365日あなたのビジネスの情報を公開しておくことで、あなたのビジネス・事業内容を認知してもらえる可能性が生まれます。

さらに案件を発注する企業や個人が自ら問い合わせをすることができる体制が整うので、営業にかける時間を削減して本業に注力することが可能です。ホームページがあれば場所や時間を問わず顧客を集める機会が増え、新規顧客・優良顧客の開拓には最適です。

クラウドソーシングを活用する

クラウドソーシングで案件を獲得する方法もあります。クラウドソーシングで案件を受注した場合手数料がかかりますが、受注から納品まで全てWeb上で完結するので、コネも営業力も必要ありません。

ただし、相場よりも単価が安い案件などもあるので注意も必要です。またクラウドソーシングの性質上単発の仕事をその都度こなしていく形となり、収入の継続性が低いという不安があります。しかしクラウドソーシングは営年数の少ない会社から大企業まで利用しています。利用することで一定の金額は稼ぐことができ、人脈を増やす機会にもなるので、活用することでメリットはたくさんあるでしょう。初心者でも参入しやすく、クライアントとのやり取りを含めフリーランスの最初の一歩として利用しやすいでしょう。

仲介するエージェントから紹介してもらう

豊富な案件を紹介するフリーランスエンジニア専門エージェントを活用し在宅案件の獲得も可能です。エージェントは自分のネットワークではリサーチできないようなクライアントや案件もリサーチし、豊富な案件を紹介しているので単価の高いものも揃っています。また比較検討できる案件の数が増えるのもメリットです。

さらにエージェントを利用すれば、長期多岐な案件があったり、案件の終了時期を見計らって次の仕事の紹介などもあるため収入の継続性の高さも見込めます。ただしエージェント経由型の案件では、依頼元は企業となるため常駐型案件が主になり、在宅案件を見つけるか常駐型で働いてから非常駐型に変えてもらい在宅案件を獲得するといった手順が必要になる場合があります。

在宅エンジニアとテレワークの違い

在宅での働き方について調べていくと「在宅ワーク」「テレワーク」といった言葉を目にするのではないでしょうか。色々な言い方をしているだけで同じことだと思いがちですが共通点はありますが全く同じという訳ではありません。在宅ワークとテレワークの両者の違いを知り自分に合った働き方を見つけましょう。

テレワークとは

テレワークのteleとは、遠い・遠隔地という意味をもちITツールやインターネットを使って、自宅を含めカフェなどオフィス以外で場所や時間の制約を受けずに柔軟に仕事をする働き方を指している場合が多いです。オフィス以外でのあらゆる場所でノートパソコンを使って仕事をすればテレワークとなります。オフィスから出て公園やカフェで仕事をすればテレワーク、仕事を達成するために自宅にノートパソコンを持ち帰って残業をすることもテレワークといえます。

在宅エンジニアとテレワークの違いは?

では、自宅を含めたオフィス以外で働くテレワークと在宅ワークは何が違うのでしょうか。

場所に縛られず働く場所を自由に選択できる、自分で働く時間を決められるという点では共通するこの二つですが、最大の違いは会社に属しているか、いないかがポイントとなります。そもそもテレワークという言葉は企業に属している会社員に適用されることが多く、企業に属しながらオフィス以外での仕事を許可されているケースで使われる言葉でもあります。会社に属さず、自営業としてフリーランスで働く人が基本的には在宅エンジニアと呼ばれます。そのためテレワークでは企業に勤める会社員となり基本的には給与として支払われます。そして在宅ワーカーでは個人事業主として仕事を請け負うため、収入は給与として扱われるのではなく報酬として定義されます。

在宅エンジニアとテレワークでは給与面や各種社会保険の面でも大きく変わってくるので、自分のライフスタイルに合った選択をしていきましょう。

在宅エンジニアの厳しい現実

人間関係など社内のしがらみに縛られることなく、満員電車に乗っての通勤時間もなく、場所や時間の制約を受けずに働ける、普通のサラリーマンにとって夢のような働き方のできる在宅エンジニアですがデメリットも含め少ない報酬や少ない案件の取り合いなど厳しい面や難しい点もあります。

常駐型のエンジニアに比べ在宅エンジニアは収入が減る可能性がある

フリーランスは毎月の給料がもらえる会社員と比べて、案件の有無や契約の内容、支払いについての取り決めなどでも報酬を受け取るタイミングがずれることもあり収入が不安定となりやすいという面があげられることがあります。

では、常駐型と在宅ではどうでしょうか。在宅では単発での案件が多く、継続的に営業活動を行い、案件を受注しなければならないなど収入面の不安や案件獲得の手間、継続性の低さなどもあり、およそ半数が「年収400万円未満」で仕事しているというデータがあるほどです。

常駐型では在宅案件に比べて高額なものが多く、エージェントが扱っている案件も多いため仕事の獲得が容易になることや、基本的には「1ヶ月ごとなどの決まった期間」での契約・更新となり報酬も期間単位で支払われるため見通しもたてやすく安定した収入を得ることができるなどの点があり、常駐型と在宅では収入に差が出る場合があります。

相談相手がそばにいないので、在宅エンジニアにはスキルが求められる

在宅エンジニアは基本的に、案件確保から実際の作業、納品まで一貫して自分1人で行うことになります。自宅という環境では詰まったときにその場で相談できる同僚もいないため難易度の高い内容にも対応できるスキルが必要となります。常に知識習得やスキル研鑽を継続していく必要があり、社内研修や資格取得への補助など社員の技術力向上を全面的にサポートする会社が増えてきているなか、会社に勤務しているプログラマーに比べより自主的な取り組みが必要となってきます。

時と場合によっては常駐型より在宅エンジニアの方が労働時間が増える?

案件により急な対応を迫られたり、仕事などの連絡が入る時間がずれたりと仕事に関わってくる時間が増えることがあります。また仕事をする時間を自分で決められることでついつい仕事に手が伸びてしまい、休みをとるタイミングを逃してしまうといったこともあります。さらに仕事のかたわら営業活動、経理、税務処理など会社がやってくれていたさまざまな業務を自分でこなしていかなければならず労働時間が増えてしまうなど在宅ならではの自己管理の難しさがあります。

まとめ

様々なメリット・デメリットのあるフリーランスの在宅エンジニアですが、在宅での案件を獲得し高い収入を得ながら活躍していくためにはそれなりに労力と時間が必要になります。しかし、個人のライフスタイルに合わせて働くことができ魅力的な働き方でもあります。