フリーランスの保険は健康保険だけ?

フリーランスになると個人になりますので、社会保険に加入することはできず、国民健康保険になります。
ですが、全てのフリーランスが国民健康保険に加入するかと言ったら、違います。
ここでは、国民健康保険への切り替え方や、他の保険の種類、加入方法などについて、紹介していきます。

フリーランスの保険と言えば、国民健康保険

フリーランスになると国民健康保険に加入しなければなりません。退職後の14日以内に市区町村の役所において、手続きをします。手続きの際に健康保険資格喪失証明書が必要になります。離職届けや退職証明書でも代用可能ですので、退職する際には事務の方などに確認しておきましょう。
退職から期間が開いて、その間に病気になった場合、全額負担になりますので、ご注意ください。退職して、すぐ手続きするようにしてください。退職前の有給消化中などでは手続きできませんので、必ず退職してすぐ手続きしてください。
保険料については、前年の収入に応じて算出されます。金額は市区町村によって差がありますので、知り合いの方と同じ収入であっても住んでる地域によって、違ってきます。

会社の健康保険を継続

これは、全てのフリーランスの方が当てはまるわけではなく、退職直後の方に当てはまります。
退職後2年間は、今までいた会社の保険を継続して加入することができます。ただし、デメリットもあります。
まず、負担額は全額になります。そのため、会社と折半して払っていた保険料の倍になります。継続加入なのに、費用が倍になりますので、ご注意ください。
他にも注意点があります。1日でも保険料の滞納があった場合、脱退させられる可能性があるそうです。
実際のケースとして存在するようですので、もし継続加入される場合は、ご注意ください。
手続きですが、国民健康保険と違い、14日以内の手続きではなく、20日以内となります。手続きは社会保険事務所か健康保険組合で行えます。
こちらも会社を辞める前に事務の方と相談した方がよいかと思います。

国民健康保険組合というのがあります

多くのフリーランスの方は国民健康保険に加入されていると思いますが、国民健康保険組合というのがあるのをご存知でしょうか?職種によっては加入できますので、ぜひこの機会に知っていただき、検討してもらえたらと思います。

フリーランス加入者が多い「文芸美術国民健康保険組合」

フリーランスの方で加入が多いのが、「文芸美術国民健康保険組合」になります。
文芸、美術、著作活動をされており、日本にお住まいの方が加入条件になります。
会員の他、家族も加入できる組合になります。
「文芸美術国民健康保険組合」について、紹介していければと思います。

保険料が収入に関係なく一律金額

「文芸美術国民健康保険組合」の場合、保険料は一律です。加入者(会員)一律16,900円となっており、家族も1人につき、8,700円となっております。
前年の収入が多すぎて、保険料が上がってしまうという状況でも、「文芸美術国民健康保険組合」に加入していれば、保険料が変わることはありません。
ただし、現在支払っている保険料が16,900円以内であれば、逆に高くなるので、注意してください。
目安としては、売上から経費を引いて、1人世帯の方だと、200万円を超える方は「文芸美術国民健康保険組合」の方がお得になります。ご家族がいらっしゃる場合は、世帯人数によって差がありますので、調べてみてください。

あまり知られていないけど、支給もあります

文芸美術国民健康保険では、出産育児一時金といった支給もあります。人間ドックを受診時の費用の一部も支給されます。これは組合員だけでなく、家族についても同様に支給対象となります。
支給条件は加入後1年経過している方が対象となりますので、今後人間ドックの受診を考えている方は、検討する余地はあるかと思います。
もちろん、国民健康保険の加入者では一時金の支給はありませんので、単に保険料だけの比較対象だけでなく、この辺の待遇も含めて加入を検討されるとよいかと思います。

システムエンジニアは加入できない?

文芸美術国民健康保険への加入は芸術に携わる方が加入条件になります。
システムエンジニアの方やWeb関連事業のフリーランスの方は加入を断れる可能性が高いです。
では、絶対に加入できないのか?というとそうでもありません。
開業届けを提出する際の職業欄が重要になります。
まず、Web関連事業のフリーランスの方は開業届けを提出する際に「Webデザイン」にすることで加入できます。
システムエンジニアの方については、主たる事業内容がシステム開発と判断されますので、Web「デザイン」業を主たる事業内容であることが証明できれば、加入が認められます。証明する書類提出が求められるようです。

組合員になるには年会費が必要

文芸美術国民健康保険組合に加入するには、団体に加入する必要があります。団体に加入する際には、入会金や会費を支払う必要があります。
いくら保険料が安くなっても、会費によって負担額が上がることもありますので、会費の確認はしておきましょう。主に日本イラストレーション協会や日本グラフィックデザイナー協会に加入されているフリーランスが多いです。
その他、日本写真家協会や日本作曲家協会、東京コピーライターズクラブと30を超える団体があります。自分の職種に合った団体が存在するか確認してみてください。

加入団体によっては手厚い補償がある?

加入団体によっては、所得補償制度といった制度が存在します。これは、加入者がケガや病気が原因で仕事ができなくなった場合に、収入が減ってしまう分を補ってくれる保険です。個人で加入することができる保険ではありますが、個人加入よりも安く加入できるケースが多いです。
フリーランスになると、休んでしまうと減収に繋がりますので、こういった制度を利用できるのも、加入する上での大きなメリットかと思います。

団体への脱退や再加入はできる?

脱退については、もちろん可能です。再加入も可能とのことです。
そのため、確定申告をした結果、保険料が文芸美術国民健康保険組合に加入した際より安くなるケースの場合、脱退をし、翌年に今度は国民健康保険の方が高くなるといったケースの場合、文芸美術国民健康保険組合に再加入するといったことが行えるようです。

家族が増える場合や、引っ越しの場合は注意が必要?

文芸美術国民健康保険組合に加入されている方で、引っ越し予定がある方が、お子さんが産まれる予定がある方は注意が必要になります。
家族構成の変化や、引っ越すことで市区町村が変わることによって国民健康保険料が変わります。必ずしなければならないということではないですが、国民健康保険、文芸美術国民健康保険組合の、どちらが得なのかを見直してみた方がよいかと思います。

まとめ

今回、国民健康保険以外にもフリーランスの方が加入できる健康保険について、説明しましたが、必ずしも国民健康保険だけということだけでなく、様々な選択肢が存在します。

今回は、代表的な文芸美術国民健康保険組合を例としましたが、他にもまだ組合はありますし、フリーランス人口が増えていることもあり、今後組合や団体が増加することが予想されます。